Saturday, August 12, 2006

大掃除

この数日はDWRのキルティングがメインの作業なので、これといった大きな進展がありません。しばらくは地味な作業が続きます。 ただ地味すぎて飽きるのもはやく、今日は1日自分の部屋の掃除をしました。(学生の頃に、期末テスト前になるとやたら机の上を片付けたくなるのとちっとも変わっていない自分がなんとも情けないです)
お約束どおり、片付けの最中に本をパラパラと・・・ちっとも片付かないのですが。 先日キルトショップのセールで買った『Vintage Charm』 by Jo Morton(なんと50セント) をパラパラとしていると・・・

---Buying Fabric---
"~to re-create old quilts, you will need busy prints that have life・・・for effective scrap quilts, you must learn to buy a wide range of colors, not just your favorites."

確かに自分の好きな布だけを選んでいてはいけないなぁ、と常々思っていたので、耳が痛いお話でした。 かといって、嫌いな布は選べない・・・永遠の課題です。

5 comments:

Lea said...

私もこの本持ってますよ。Joさんも人気がありますからね、これが50¢だったなんて信じられない~激安ですね。私は定価で買っちゃったからな~。羨ましい~

このJoさんの書かれてること、「そっか~」って思ったんですが、私もやはり好きな布ばかり買ってますよ。(爆)
あと、この本にBackingの話も出てますよね。「Topのイメージに合わせたBackingを選ぶ事」みたいな。
う~ん。。。Joさんは好きなキルターさんですが、これは私とは違うな~(私は余り布を継ぎ接ぎして使うので)って思ってたら、私が尊敬するキルターさんがこの本でJoさんが書いてることが「ちょっと私の考えとは違う~」って言ってあったので、私だけじゃなかったってホッとしました。(笑)

↓のDWR素敵ですね~。確かに、DWRはキルターが憧れるキルトの上位に入ってますよね。これとGrandma's Flower Gardenはね。早く完成した全体像を見たいです。

midori said...

実はこの本、Jo Mortonだからではなく、あくまで50セントだったから買いました。値段にまず目がいきました。誰の本とかあまり気にしないもので・・・
人それぞれにやり方はありますよね? 結局は、『The firtst rule of quilting: there are no rules.』ですかね。

Takako said...

こんにちわ~。

Leaさんのキルターや布に対するこだわりと、midoriさんの自然体?が好対称に見えます。自分はどっちなんだろうって、あらためて考えちゃいますね。

布在庫はバラエティーに富んでいるほうがいいけど、自分があまり好きでない布(在庫の中で)って、やっぱりいつまでも形にならないし、キルトにしても満足感が100%じゃないような気がします(私だけかも)

Lea said...

誰の本とか気にしなくって値段で買ったってとこがMidoriさんらしいですね。(笑)それでもって、こんなに素晴らしい作品がどんどん出来ていくので凄いって思います。

じゅん said...

裏布...私は単につなぐのが面倒なので、出来るだけ1枚布で収まるサイズのキルトを作っちゃいます(爆)。
だから小さな作品が多くなる!?
なるべくTOPにあったものをと言う思いはあるのですが(と言うことは私はJoさん派!?)、裏布はたくさんいるので、安く買えた布を使うようにしています(笑い)。